ブログ表紙2.jpg
インターネットでできるネットワークビジネスの秘密はこちら!       不労所得を作り出す極秘ノウハウとは!

2011年03月13日

中国ではネットワークビジネスは禁止!?

間違ってない?あなたのネットワークビジネス選び?!

夕暮れの一服.jpg

中国ではネットワークビジネスは禁止されています。

事実、中国では傳鎖(連鎖販売)禁止条例が施行されており、1998年4月、中国国務院の出した「傳銷(マルチ)経営活動禁止に関 する通達」により、中国ではあらゆる形態のMLMビジネス(ネットワークビジネス)が全面禁止されているのです。

ところが、中国ではネットワークビジネス活動をしている会社があります。
中国でできたネットワークビジネスの会社があるんです。
TIENS(ティエンズ)という会社です。TIENSは、すでに政府の認可を受けて活動していて、日本にも2007年に上陸しています。

そして、アムウェイは中国で「安利」という名前で活動しています。
「安利」は中国のネットワークビジネス業界で驚異的な成功を遂げています。

ニュースキンは中国で「如新」という名前で活動しています。
他にも、中国で活動しているネットワークビジネスの会社は、エイボン「雅芳」などがあります。

ところで、禁止されているのに、なぜ営業できるのでしょう?
中国政府は、直銷管理条例で一定の要件を満たした企業(8,000万元以上の資本金、2,000万元以上の保証金納付、店舗の開設、販売員の雇用、販売員への報酬還元上限30%、行政への情報開示義務等)については認めてるのです。
ところが、中国では消費がなくマネーゲーム化したねずみ講のようなネットワークビジネスも横行しているようです。
このようなビジネスとしての実体がなく、マネーゲーム的なものについては、どんどん摘発されているみたいです。

最近では、中国でできた「中脈ネットワークビジネス」が話題になっています。
2月正式プレオープンの予定が、4月以降に延期されています。
この「中脈ネットワークビジネス」では、「縁故募集キャンペーン」をやっています。
「縁故募集キャンペーン」とは、簡単に言うと早い者勝ちで儲けようというキャンペーンです。

確かに、遅いよりは早い登録のほうが良いですが、成功するかしないかはやる気次第でしょう。
しかし、いくら早く参加しても勧誘できなければ成功できません。


「勧誘」がネックだと思っている方は、友人、知人を誘わないビジネス方法でネットワークビジネスに取り組んでみましょう。

 
 友人、知人を勧誘する必要がない 
 強制的なセミナーに参加して自分の時間を削ることもない

 無理な買い込みは一切無し
 自分のペースでビジネスに取り組める

そんなビジネス方法に興味がある方はクリックして下さい。
   ↓                     ↓
勧誘なし!インターネットで人がサクサク集まるネットワークビジネス!


PR
インターネットでできるネットワークビジネス

posted by さとっち at 11:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワークビジネス 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


口コミで集客ができなくてお悩みの方にご提案!

ズバリ!インターネット集客で「成功」したい方のみ、この記事をお読みください。



【勧誘なし!】インターネット集客MLMノウハウセミナー!

自己紹介
感謝御礼!


こんにちは! さとっちです!

私は、本業の他に、
インターネットだけで集客できる完全在宅ワークのネットワークビジネス
やっています。

多くの方の資料請求に感謝です♪

以前参加していた、友人を勧誘しなければならないネットワークビジネスでは、
あり得なかった成果
を体験できています。

それが、

インターネットでできるネットワークビジネス


です。

私が成果を出せるようになったきっかけのネットワークビジネス成功メールセミナーの受講は
こちらからできます!

私たちのグループが試してうまく行った方法のヒントをお伝えします。
無料です!お気軽にどうぞ。

ボタン橙2.gif


ダウンさんがサクサク集まるノウハウを知りたいですか!?


★ インターネットで集客するネットワークビジネスのノウハウ

お名前  
メールアドレス  半角英数字

※ ネットビジネス成功メールセミナーに登録させて頂きます。
※  配信解除はいつでも可能です。






メールセミナーに登録して、あなたが得るメリットとは?

寝ている間でも集客ができてしまうノウハウとは!?

【誰も誘えない人ほど成功する!ネットワークビジネス集客ノウハウ】




投資詐欺、運用失敗、元金割れ、解約拒否…世の中の危険な投資情報を入手することができれば、
投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?>>続きを読む